またやっちゃった!ミスや失敗から学ぶ5つの教訓

そのミスが重大な事故につながったら・・・謝って済むことじゃありません!そうはいっても、100%ミスを回避するのも、やっぱり無理。人間はミスをしますが、ミスから学ぶことができるのも人間ですよね。では、図らずもヤってしまった時、どうするべきなんでしょう・・・?

「まぁ、人間のすることだから、仕事にミスや失敗はつきもの」━━━そう簡単に言ってもらっては困ります。
ミスの結果が重大な事故につながるケースでは、謝って済むことではない場合が多々あります。交通や医療などの現場で、ミスが人命に直結するケースは象徴的です。

人命にかかわるとまではいかなくても、多くの人に迷惑をかけたり、不愉快な思いをさせたりするミスは、どんな職業でも起こりえます。
いちばん大事なことは、ミスや失敗を事前に予防する措置を講じておくこと、というのは当たり前です。

ですが、そうはいっても、100%ミスを回避するというのは、やはり無理です。これも真実です。
“弘法も筆の誤り” “猿も木から落ちる” ノーミスの人間はこの世にはいません。
ただ、人間はミスをしますが、またミスから学ぶことができるのも人間です。では、図らずもやってしまったときにはどうすべきか? この心構えをしておくことは、とても大切です。

 

 

1. 自分のミスに気付いたらすぐに公表すべし

これって当たり前のことのようですが、じつは案外難しいのです。大企業の役員から官僚や政治家まで、世のエリートといわれる人たちが、あまた不祥事を隠蔽し、知っているはずのことを知らぬと言い張る姿を、わたしたちは繰り返し見てきています。

たしかに隠蔽し通せるのであれば、隠蔽するという選択肢にも、それ相応のメリットがあることは確かです。不謹慎と思われる方もいらっしゃるでしょうが、ここでは倫理の問題はひとまず置いておいて、ドライにメリット・デメリットで考えてみます。

隠蔽することにメリットがあるミス、つまり隠し通せるミスとは、どんな場合でしょう?ひとことでいうと、結果として影響の小さい(ない)ミス、ということになります。この世は、結果オーライです。結果に影響がなければ、誰も問題にしませんから、ミスを隠蔽することには合理性があります。

簡単な例を挙げれば、車の運転中にハンドル操作を誤った、けれども結果として何も起こらなかった。まぁ友達に話せば笑い話にはなりますが、これを警察へ届けても、おそらく取り合ってももらえないですね。

ところが、同じようなハンドル操作の誤りでも、結果として歩行者にケガをさせてしまった場合はまったく意味が違います。おわかりのようにミスというのは、ミスそのものの種類ではなく、その結果によって大きく左右されます。本人がちょっとしたミスと感じても、結果が重大であれば、それは重大なミスなのです。

つまり多くの人がつい隠蔽に手を染める原因のひとつが、ここにあるような気がします。結果の重大さが予測できずに、たいしたことではないと判断してミスを隠してしまう。まさに「ミスを隠蔽する」という”判断ミス”をしてしまうのです。

もちろん結果の重大さがちゃんと分っていて、分っているだけにヤバイ!と思って、つい隠してしまったというケースも多々あるでしょう。これは悪意があるのか、気が小さいのか、厚顔無恥なのか、いずれにしても確信犯なので、気構えの問題です。

メリット・デメリットからいえば、ミスに気づいた段階で、すみやかに公表し、しかるべき対処をするほうが、隠していて後に発覚するよりダメージが少ないことは明らかです。なぜかというと、隠してしまうと、”隠したという事実”に他者は必ず悪意を読み取ります。ミスだけなら悪意までは読み取らないでしょうから、はやくに公表すれば、すくなくとも悪意はなかったと見なされます。

ちょっと難しいのが、さきほどの「結果の重大さが予測できなかった判断ミス」の場合ですね。本人は悪意をもって隠したつもりはなくても、結果が重大である場合は、なかなか言い訳をするのが苦しくなります。ミスと結果のあいだに相当な因果関係があれば、「予測できなかったから黙っていた」では他者を納得させられないでしょう。

結論として、ミスを犯したことに気付いたときはどうすべきか?「すみやかに公表すること」、これが鉄則です。少なくとも隠蔽し通す権力を持たない者は、この鉄則を守ったほうが安全。これは心構えの問題です。

もうひとつ重要なことは、結果の予測能力をつけることです。これは理解力の問題ですね。結果が見えなければ、なんでもかんでも公表すればいいではないか?そう思う人もいるかもしれません。でも、どうでもいいようなつまらないミスを、そのたびに上司に報告に行ったりしていると五月蠅がられることは間違いありませんからね。

2. 影響のある関係者に、すみやかに謝罪すべし

困りながら電話をする男性ミスに気が付いたら、それが影響を及ぼすであろう関係者に、できるだけすみやかに報告し、謝罪をすることが大切です。たとえ申し訳ないという気持ちがあっても、黙って放置していたら、それは他者から見れば隠していたのと同じことだからです。

「隠す=悪意がある」ということです。他者から悪意を疑われないためには、その前に、先に自分から報告し、謝罪をしたほうがいいことはいうまでもありません。そのミスによって、迷惑を被るであろう関係者を洗い出し、できるだけ謝罪をするのがベターです。

謝罪をすると責任を認めたことになるので、安易に謝罪しないほうがいいということを言う人がいますが、ここは日本です。迷惑を掛けるかもしれないことを、まず謝罪するのがこの国の人間関係のマナーです。謝罪したから責任があるなどというルールは日本にはありません。(なので、国際関係の場合は別です)

3. ミスの結果には、誠意をもって対応すべし

ミスの内容やその結果にもよりますが、謝罪だけではなく、なんらかの具体的な対応が必要な場合には、誠意をもって対応するのが鉄則です。

たとえば、よくある印刷の表示ミス。刷り直しが間に合わないが、シール貼りなら可能だという場合、一人で全部できるわけではないにしても、自分もそのシール貼りに参加したほうがいいのはいうまでもありません。

もちろんいずれの場合も、会社等の組織の場合は、上長に真っ先に報告し、その判断と指示を仰ぐことは当然です。自己判断で勝手に動いてはいけません。よかれと思って勝手なことをすると、かえって傷を大きくするというのは組織の常識です。

4. ミスが起こったら、原因を究明すべし

いわゆる犯人探しとか、責任の追及とか、そういう意味ではありません。すでに起こってしまったミスについて、厳しい責任追及をしてみたところで、合理的なメリットはありません。

むしろ必要なことは、再発の防止です。そのためには原因の究明は避けて通れません。もし明瞭な原因が見つかったとしたら、その原因を取り除く工夫をすれば、次から同じミスを起こさないようにすることができます。

ただしミスというのは、大方は”うっかりミス”が多いので、直接的な原因は注意力の低下というような曖昧な話になることも多いです。その場合は、「なぜ注意力が低下したか?」という遠因をきちんと把握すべきです。

つまり注意力が低下したのは、なんらかの環境因子があったのではないか?と疑ってみることです。同じ作業を長時間ずっとしていたとか、作業部屋がとても騒々しかったとか、誰かが頻繁に声を掛けて注意を逸らせていたとか、もっとほかの要因も考えられるでしょう。ミスの要因を分析することは、とても大切です。

5. ミスの体験は、みんなで共有すべし

ミーティングミスが起こったら、原因究明とともに、必ずやるべきことはミーティングです。原因究明で、取り除くべき明確な原因が見つかることは少ないです。むしろ、はっきりこれが原因だとは言い切れないことの方が多いです。

取り除くべき原因が明瞭に特定できないのであれば、問題を共有するということが、もっとも有効な再発防止手段になります。環境因子のようなものは、そうそう完全に取り除くことはできません。たとえば狭い部屋が、マイナス効果を及ぼしているとしても、それをすぐに広い部屋に変えるわけにはいきません。

でも、人間というのは柔軟性や適応性のあるものです。もし狭い部屋がマイナス効果を生んでいるとするなら、多少なりともその要因を意識的に捉えることで、マイナス効果を和らげることができます。部屋が広くはならなくても、ちょっと什器の配置を変えるだけでも、効果がある場合もあります。

ようするに現場にいる全員で、問題を話し合い共有することが大切です。たとえば人間には、向き不向きということがあります。適材適所の配置になっていないことが、ミスの遠因ということもあります。みんなで気を付けようという意識ももちろん大事です。さらに問題を共有することにより、それまで気が付かなかった改善点を見つけることもできます。

 

 

 

この記事を書いた人

岡崎 聡
株式会社ダンク 取締役社長。
フリーランスでの編集・取材カメラマンなどを経て、1994年より株式会社ダンクに所属。以来約20年、流通チラシや通販カタログを中心に、校正、進行管理、クライアント対応などに携わる。趣味は旅行、日本各地を飛び回ること。

白

頼れる人

テキストもダミー

食品添加物イメージ

うま味調味料

もちろん「味の素株式会社」の持つ商標(※2020年3月現在)。「味の素株式会社」にはこのほかにも、「ほんだし」や「スリムアップシュガー」など、すっかり浸透して一般名称と勘違いしそうな商標がたくさんあります。詳しくはこちら

マンションのキッチン

短期賃貸マンション

「株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント」が商標を所有(※2020年3月現在)。もともとは「♪ツっカサ~のウィ~クリィ~マンっションっ!」で一世を風靡した「ウィークリーマンションツカサ」が、短期賃貸マンション事業を米投資会社「リーマン・ブラザーズ」に売却したことで生まれた会社だそうです。

ポータブルカセットプレーヤー

携帯音楽プレーヤー

『ウォークマン・WALKMAN』は、「ソニ-株式会社」の登録商標(※2020年3月現在)
しかし、オーストラリアにおいては、2002年に最高裁判所によって「『ウォークマン』はすでに “ポータブルオーディオプレイヤーの一般名称” になっていて、ソニーは商標権を失っている」という判決が下されてしまい、ソニーは「ウォークマン」の商標を独占使用できなくなっているんですって。

トイレ

温水洗浄便座

『ウォシュレット』の名称は、「TOTO」の登録商標(※2020年3月現在)

エアロバイク

自転車型トレーニング器具

『エアロバイク』は、「株式会社 コナミスポーツライフ」の商標(※2020年3月現在)。もともと開発したのはこれを開発したのはベビー用品で有名な「コンビ株式会社」でしたが、その後コナミに商標が渡されました。

エレクトーン 鍵盤

電子オルガン

『エレクトーン』は「ヤマハ株式会社」の商品名であるため、商標も当然ヤマハが所有(※2020年3月現在)。カワイの直営店に行って「エレクトーンを見せて下さい!」とか言うと、たぶん怒られます(カワイの電子オルガンは『ドリマトーン』)

高速道路のオービス・東京

速度違反取り締まり装置

オービス(ORBIS)』は『ボーイング社』が開発したもので、日本では『東京航空計器』という会社が商標登録しています(※2020年3月現在)。もともとはラテン語で「眼」を意味する言葉から名付けられたそうです。

オセロ

オセロ風ゲーム、リバーシ

「株式会社メガハウス」が、『オセロ・Othello』の専用使用権を所有(※2020年3月現在)。「メガハウス」はバンダイグループの会社ですね。

ワイシャツ

ワイシャツ

もともとは1918年(大正7年)に「美津濃株式会社」(現:ミズノ)が、ちょうど第一次世界大戦で「勝った」ことにひっかけて、『カッターシャツ』との商品名にしたんだそう。ネットを調べると、「もと商標」とあるので、現在は一般化しているものと思われます。詳しくはミズノの社史サイト(1918年の欄)をご覧ください。

三角コーン(PSDは切抜き)

コーン標識、パイロン

『カラーコーン』は、「セフテック株式会社」の登録商標(※2020年3月現在)。これをたくさん送られる漫画家さんもいますよね。

領収書とボールペン01

ノーカーボン紙

「富士フイルム株式会社」が所有(※2020年3月現在)

7色のクーピー #3

オイルパステル

『クレパス』は、「株式会社サクラクレパス」が商標を所有(※2020年3月現在)
公式サイトにもしっかり書いてありますね。

ツナ缶

ツナ缶

『シーチキン』は、「はごろもフ-ズ株式会社」の登録商標です(※2020年3月現在)

マッターホルン

ジェットバス、気泡風呂

『ジャグジー』は、これを開発したアメリカの企業「Jacuzzi」社の登録商標(※2020年3月現在)

川の中の修行僧16

中国武術、少林武術

『少林寺拳法』は、「一般社団法人 SHORINJI KEMPO UNITY」が所有(※2020年3月現在)

セロハンテープ

セロハンテープ

「ニチバン株式会社」が商標を所有(※2020年3月現在)。出願時には「単なる『セロハン製テープ』の略称ではないか?」と判断されてしまって審査もされず、7年半もの時間を経てやっと取得できた商標なんだそう。

荷物を渡す配達員の男性4

宅配便

『宅急便』は、クロネコヤマトの「ヤマトホールディングス株式会社」が所有(※2020年3月)。映画『魔女の宅急便』のスポンサーにもなりましたよね。

旅

弾丸旅行

『弾丸ツアー』は、旅行会社「株式会社JTB」が所有(※2020年3月現在)

トランポリン

跳躍器具

創始者ジョージ・ニッセンの会社と提携関係にあった「セノー株式会社」が、1960年に商標を登録し、所有(※2020年3月現在)

鍵盤ハーモニカPSD背景透過パス付き

鍵盤ハーモニカ

『ピアニカ』は、製造・販売元の「東海楽器製造株式会社」および「ヤマハ株式会社」の登録商標です(※2020年3月現在)

カメラ51

インスタントカメラ・写真

2020年3月現在、「PLR IP Holdings, LLC」が商標を所有。

マジック2

フェルトペン

『マジックインキ』の商標権は、「株式会社 内田洋行」が所有(※2020年3月現在)

ufoキャッチャー

クレーンゲーム機

 『UFOキャッチャーは、1985年に製造・販売を開始した「株式会社セガゲームス」の登録商標(※2020年3月現在)

ルービックキューブ(切り抜きパス付・PSD背景透過)

六面立体パズル

ハンガリー生まれのこのパズルは、1980年夏頃に「株式会社ツクダオリジナル」から日本発売。その販売に先立ち、1980年4月に商標出願、1983年11月に登録され、その後、「株式会社メガハウス」に移転されました(※2020年3月現在)

 

 

ボビナム・男性と女性16

てすと

テスト

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①フシン

「不審」……疑わしいなと思うこと
⇒『審』の一文字で、「詳しく調べて明らかにする」の意味なので。
正体がわからず怪しいのは、「不審者」ですものね。

「不信」……誠実でないので、信用しないこと
⇒信じないから、「内閣不信任案」を出すんですもんね。

 

②タンタン

「淡々」……あっさり

「坦々」……何事もない 平ら 平凡

※ちなみに、「担々麺」は、道具をぶら下げた天秤棒を “担” いで売り歩いた麺なので、『担』を使います。

 

③タイケイ

「大系」……同じテーマや傾向の著書や文献をまとめて編集した書物のあつまり

「体系」……それぞれ個々の要素が、一定の規則や原理に基づいてまとめられている理論や組織

 

現状、新聞などでは「体型」と「体形」は、ほぼ区別はなく、「体形」に統一しているそう。
あえて区別するなら……

「体型」……体の形のタイプ(類型として比較するときに使う)
⇒「やせ型」とか「肥満型」とか。

「体形」……生物のカラダのカタチ

 

 

④レンケイ

「連携」……同じ目的を持つ同士がつながって、協力し合いながら物事を行うこと。

「連係」……いくつかの物事がつながって、お互いに密接な関係をもつこと。(協力するニュアンスは、特にありません)
 ⇒ 「提携」などで使うように、『携』は「手を携えること」。
   「関係」などで使うように、『係』は「つながること」と覚えるといいかも。

 

⑤ヘンザイ

「偏在」……かたよって、あるところにだけ多くあること。

「遍在」……どこにでもあること。
⇒読みも同じだし、漢字も似ていますが、意味はほぼ正反対なので、気を付けましょう。

 

岡崎社長

「体型」と「体形」は、ちょっと難しいかもしれませんね

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①イドウ

「異動」……地位や職務が変わること。
⇒ちなみに、勤務地が変わる時や、住民票が変わる時も「異動」を使います。

「移動」……物が物理的に動いて、位置が変わること。

 

②イシ

「遺志」……亡くなった人が生きていた頃に持っていたこころざし。

「意志」……その物事の実行を決意する積極的(前向き)な気持ち。

「意思」……自分の考えや思い。

 

③コウセイ

「校正」……印刷物の文章や文字などの、間違い・不具合を指摘すること。

「更正」……(税金や登記を)改めて直すこと

「更生」……生まれ変わること。転じて、よくない状態から立ち直ること。
⇒『会社更生法』は会社が生まれ変わるため、「更生」を使います。

「厚生」……生活や身体などを豊かにすること。
⇒またこの場合、『厚生労働省』は固有名詞なので、これしかない。

 

 

④サイゴ

「最後」……続いている物事の一番あと。

「最期」……命がなくなる時。死に際。
 

 

⑤ジテン

「自転」……(天体などが)内部にある軸を中心にして回ること。

「時点」……時の流れの、ある1点。

「辞典」……言葉の意味や文法、使用例などを説明した本。

「事典」……事柄の内容を説明した本。他と区別するために「ことてん」とも呼ぶ場合もある。

「字典」……の読み方や使い方を説明した本。他と区別するために「もじてん」とも呼ぶ場合もある。

 

岡崎社長

ちゃんと使い分けられたかい?

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①サイケツ

「採決」…… 会議の参加者が賛否の意思表示をして、物事を決定すること。「決をとる」

「裁決」…… 上の者物事の良し悪しを判断すること。(みんなでなくてOK)

 

②キョウセイ

「叫声」…… さけび声。

「嬌声」…… 女性のなまめかしい声のことで、男性の関心をひくための “つくった声” であるのが特徴。

 

③シアン

「思案」…… あれこれ考えをめぐらすこと。

「私案」…… 個人的な考え。

「試案」…… 試しに作った、仮の考え・計画。

 

④スイショウ

「水晶」…… 鉱物の一種。

「推奨」…… 人や物などが優れていると、人に勧めること。
 

 

⑤ドウシ

「同旨」…… 趣旨が同じであること。

「同志」…… 理想や目的を同じくする(思想を共有する)仲間。
  ⇒また、この場合は固有名詞なので『同志社大学』しかない。

「同士」…… 同じ仲間・種類。
  ⇒「いとこ同士」「男同士」などで使われるように、思想・志は関係ない。

 

岡崎社長

ちょっと難しかったですかね?

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①イガイ

「以外」…… 「~を除いて」

「意外」…… 「想像を超えて(想像の範囲を外れて)

 

②ウンコウ

⇒どちらも意味は「決まった軌道上を進んでいくこと」。

「運航」…… こちらは舟を表す『航』が付くのでわかるかもしれませんが、舟・船や飛行機の場合のみ使います。

「運行」…… こちらは陸の交通手段、または惑星などに使います。

 

③カイトウ

「解答」…… 「問題を解いて、“正解”を出すこと」

「回答」…… 「返事をすること」。なので、返事が様々な「アンケート」には、『回答』を使います。

 

④カギョウ

「稼業」…… “稼”ぐ仕事=「収入源とする職業」

「家業」…… ”家”の仕事=「その家で代々受け継がれて来た職業」

 

⑤キセイ

「既成」…… すでに存在するもの。

「既製」…… すでに “商品・製品として” 存在するもの。

「規制」…… 規律を守るために、“制限する” こと。

「規正」…… 悪い点を “正しくなおす” こと。
  ⇒また、この場合は固有名詞なので『政治資金規正法』しかない。

 

岡崎社長

結構わかっちゃいました?