【旅】横浜山手西洋館めぐり#03 山手234番館〈神奈川県横浜市〉

山手234番館

撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

都会での忙しい毎日に疲れたら、ふらっと旅に出てリフレッシュしてみませんか?

シリーズ『町旅』は、そんなあなたを癒してくれたり、
改めて日本の魅力を再発見できる「ニッポンの旅」をご提案します。

 

 

外国人居留地の面影が残る神奈川県の横浜にある、趣深い「横浜山手西洋館」を巡るこのシリーズ。

現在コロナ禍ということもあり、館内での撮影は禁止なのですが、
この現地取材は2016年に行われたものなので、その内部もバッチリ撮影。

見どころも写真でたっぷりお伝えしています。お楽しみに♪

 

 

 

 

第3弾の今回は……
横浜市認定歴史的建造物『山手234番館』。

 

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

住所としては、「神奈川県横浜市中区山手町234-1」に位置します。

 

 

 

 

 

山手234番館は、関東大震災後の昭和2(1927)年頃に建てられた同じ間取りの4つの住居からなる、外国人向けのアパートメントハウス(共同住宅)です。

 

関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってきてもらうための復興事業として、この頃、山手では外国人居留者のための住宅がいくつか建てられました。
これもそのうちの1つです。

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

設計したのは、桜木町に事務所を構えて和洋の建物を手掛けた建築家・朝香吉蔵。

 

その後は、第二次世界大戦後に一時米軍による接収などを経て、
昭和50年代頃までアパートメントとして使用されていましたが、
平成元(1989)年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。

 

そして、平成9(1997)年から保全改修工事に着工し、
平成11(1999)年から現在のように一般公開されるようになりました。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

この建物は関東大震災直後の昭和初期に建設された外国人用の共同住宅(アパートメント)として、
横浜市内に現存する数少ない遺構の1つとされています。

 

洋風住宅に標準的な設えである上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素なかたちで採用されています。
これも震災後の意匠にはよく見られる特徴です。

 

一軒あたり約100㎡の広さからなる3LDKの間取りは、合理的かつコンパクトで、生活空間としても使いやすく設計されています。

 

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

建物脇の石畳のテラスには、たくさんのチューリップが午前中の陽光に照らされて咲いていました。
球根の産地である新潟で、球根育成のために不要となったチューリップの花をもらって育てているとのことです。

 

 

 

それでは、中に入ってみます。

 

 

 

 

改修前の元の建物では、各玄関から一直線に別々の階段がそれぞれの部屋まで2本伸びているという造りでした。
それを横浜市が取得した後、一般の施設利用を考慮して、現在のゆるやかな勾配の折り返し階段に改修したんだそう。

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

当初は現在の踊り場の位置で2階の部屋の入り口に達する造りであったことを考慮すると、
今の約2倍の急勾配の階段だったことになります。

 

 

これはおそらく設計が日本人(朝香吉蔵)であったこととも、関連がありそうです。

 

一見、階段スペースがもったいなくて場所を節約しているかのように思われがちですが、実際には、日本家屋の場合には、柱と柱の間が1間であり、
さらに柱の上に梁が載っているのが標準的な構造のため、階段の位置に梁があると2間で上がる階段の場合には、途中の梁が邪魔になってしまい支障が出るわけです。

 

そこで無理やりに1間の間に階段を設置するような建築が多くなったと考えられています。

 

 

 

 

玄関ポーチから中へ入り、1階の左手の部屋へ足を踏み入れると、
そこには往時の暮らしを彷彿とさせるリビングルームの様子が再現されていました。

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

適度に絞られた照明と、アイボリー・こげ茶・モスグリーンetc..と抑制されたトーンの色調とが相まって、
たいへん居心地の良い、リラックスできる空間になっています。

 

アームチェアが2脚置かれた窓側の反対側には、
8人掛けのダイニングテーブルと壁際に置かれた大きな食器棚がゆったりと配置されています。

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

約20畳という広い客間ならではの贅沢な空間づかいです。
優美なフォルムの曲線の天井アーチが広いダイニングスペースの中で、アクセントとして効いています。

 

ここでは本物のヴィンテージの逸品たちで構成された居住空間をつかの間味わうこともできます。
肘掛椅子の後ろにあるのは、年代物の蓄音機。

今はもう壊れて音が出ないことも予想されますが、それでも居間(客間)に飾っておきたくなるような代物です。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

さらに肘掛椅子、暖炉、丸テーブル、窓枠、つづら(のように見える洋家具)と
選りすぐりのアンティークたちで構成された空間は、なかなかに味わい深い世界です。

 

 

 

 

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

客間と繋がっているキッチンの壁を隔てて、その奥の小部屋には三面鏡とキャビネットが置かれ、
夫人専用の個室をイメージしたかのような家具たちで構成されています。

さらにこの奥にも、もう一部屋ありますが、現在は簡易ソファーと説明パネルが置かれた休憩室のようになっています。

 

 

 

この4区画の住居の中心部には、それぞれに窓がある中庭風の吹き抜けが設けられています。

通気と採光はもちろん、デザイン性にも深く寄与しているようにも感じられました。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

通常は2階の大部分はギャラリーなどの貸し出しスペースになっています。
この日も2階では1区画分のスペースを充てて、トールペインティングのようなアート作品の展覧会が開催されていました。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

この洋館の雰囲気にぴったりの作品たちが所狭しと並べられ、
これもまた演出?と一瞬錯覚してしまったほど、周囲とよく調和していました。

 

 

 

 

 

山手234番館を出ると、右隣には
『えの木てい(Enokitei)』という洋菓子店の建物があります。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

こちらの建物も山手234番館と同じ朝香吉蔵による設計で、もとは外国人向けの住宅(山手89-6番館)であったことも同じです。

 

 

 

1階と庭がカフェになっており、入り口から入るとすぐに洋菓子ショップの2階へと続く階段があります。

 

さっそく上ってみると、山手234番館の「改修前」と同じ「急勾配」の階段の造りで、当時からの状態のまま、現在も使われているようでした。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

1階のカフェは、当時の建物をそのまま利用しているため、このようにアンティーク。

女性には特にこの雰囲気が人気なのもあり、平日にもかかわらずこの日も満席でした。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

 

 

そして、人気メニューの1つ「桜のティラミス」とコーヒーのセットです。

山手234番館
撮影:乃梨花(「町旅」女子部)

桜の色と香りだけではなく、朝香氏の西洋館が醸し出すアンティークな匂いにも酔ったひとときでした。

 

 

 

 

 

 

次回は「エリスマン邸」を訪れます。どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

(※編集部注:この現地取材は2016年に行われました)

※編集部注:記事内で紹介したスポットは現在、ウィルスの影響で営業時間の変更や休業されている場合がございます。
 お出かけ前に必ず、施設の公式サイトなどでご確認ください。

横浜山手西洋館公式サイト

 

 

 

 

この記事を書いた人

●執筆・撮影
「町旅」班乃梨花)

日本の古くからの魅力的な町並みや、文化・歴史・風土まで立体的に町の魅力を紹介する「ダンク」内チーム。

白

●再構成:坪内悟

 

 

 

 

 

頼れる人

テキストもダミー

食品添加物イメージ

うま味調味料

もちろん「味の素株式会社」の持つ商標(※2020年3月現在)。「味の素株式会社」にはこのほかにも、「ほんだし」や「スリムアップシュガー」など、すっかり浸透して一般名称と勘違いしそうな商標がたくさんあります。詳しくはこちら

マンションのキッチン

短期賃貸マンション

「株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント」が商標を所有(※2020年3月現在)。もともとは「♪ツっカサ~のウィ~クリィ~マンっションっ!」で一世を風靡した「ウィークリーマンションツカサ」が、短期賃貸マンション事業を米投資会社「リーマン・ブラザーズ」に売却したことで生まれた会社だそうです。

ポータブルカセットプレーヤー

携帯音楽プレーヤー

『ウォークマン・WALKMAN』は、「ソニ-株式会社」の登録商標(※2020年3月現在)
しかし、オーストラリアにおいては、2002年に最高裁判所によって「『ウォークマン』はすでに “ポータブルオーディオプレイヤーの一般名称” になっていて、ソニーは商標権を失っている」という判決が下されてしまい、ソニーは「ウォークマン」の商標を独占使用できなくなっているんですって。

トイレ

温水洗浄便座

『ウォシュレット』の名称は、「TOTO」の登録商標(※2020年3月現在)

エアロバイク

自転車型トレーニング器具

『エアロバイク』は、「株式会社 コナミスポーツライフ」の商標(※2020年3月現在)。もともと開発したのはこれを開発したのはベビー用品で有名な「コンビ株式会社」でしたが、その後コナミに商標が渡されました。

エレクトーン 鍵盤

電子オルガン

『エレクトーン』は「ヤマハ株式会社」の商品名であるため、商標も当然ヤマハが所有(※2020年3月現在)。カワイの直営店に行って「エレクトーンを見せて下さい!」とか言うと、たぶん怒られます(カワイの電子オルガンは『ドリマトーン』)

高速道路のオービス・東京

速度違反取り締まり装置

オービス(ORBIS)』は『ボーイング社』が開発したもので、日本では『東京航空計器』という会社が商標登録しています(※2020年3月現在)。もともとはラテン語で「眼」を意味する言葉から名付けられたそうです。

オセロ

オセロ風ゲーム、リバーシ

「株式会社メガハウス」が、『オセロ・Othello』の専用使用権を所有(※2020年3月現在)。「メガハウス」はバンダイグループの会社ですね。

ワイシャツ

ワイシャツ

もともとは1918年(大正7年)に「美津濃株式会社」(現:ミズノ)が、ちょうど第一次世界大戦で「勝った」ことにひっかけて、『カッターシャツ』との商品名にしたんだそう。ネットを調べると、「もと商標」とあるので、現在は一般化しているものと思われます。詳しくはミズノの社史サイト(1918年の欄)をご覧ください。

三角コーン(PSDは切抜き)

コーン標識、パイロン

『カラーコーン』は、「セフテック株式会社」の登録商標(※2020年3月現在)。これをたくさん送られる漫画家さんもいますよね。

領収書とボールペン01

ノーカーボン紙

「富士フイルム株式会社」が所有(※2020年3月現在)

7色のクーピー #3

オイルパステル

『クレパス』は、「株式会社サクラクレパス」が商標を所有(※2020年3月現在)
公式サイトにもしっかり書いてありますね。

ツナ缶

ツナ缶

『シーチキン』は、「はごろもフ-ズ株式会社」の登録商標です(※2020年3月現在)

マッターホルン

ジェットバス、気泡風呂

『ジャグジー』は、これを開発したアメリカの企業「Jacuzzi」社の登録商標(※2020年3月現在)

川の中の修行僧16

中国武術、少林武術

『少林寺拳法』は、「一般社団法人 SHORINJI KEMPO UNITY」が所有(※2020年3月現在)

セロハンテープ

セロハンテープ

「ニチバン株式会社」が商標を所有(※2020年3月現在)。出願時には「単なる『セロハン製テープ』の略称ではないか?」と判断されてしまって審査もされず、7年半もの時間を経てやっと取得できた商標なんだそう。

荷物を渡す配達員の男性4

宅配便

『宅急便』は、クロネコヤマトの「ヤマトホールディングス株式会社」が所有(※2020年3月)。映画『魔女の宅急便』のスポンサーにもなりましたよね。

旅

弾丸旅行

『弾丸ツアー』は、旅行会社「株式会社JTB」が所有(※2020年3月現在)

トランポリン

跳躍器具

創始者ジョージ・ニッセンの会社と提携関係にあった「セノー株式会社」が、1960年に商標を登録し、所有(※2020年3月現在)

鍵盤ハーモニカPSD背景透過パス付き

鍵盤ハーモニカ

『ピアニカ』は、製造・販売元の「東海楽器製造株式会社」および「ヤマハ株式会社」の登録商標です(※2020年3月現在)

カメラ51

インスタントカメラ・写真

2020年3月現在、「PLR IP Holdings, LLC」が商標を所有。

マジック2

フェルトペン

『マジックインキ』の商標権は、「株式会社 内田洋行」が所有(※2020年3月現在)

ufoキャッチャー

クレーンゲーム機

 『UFOキャッチャーは、1985年に製造・販売を開始した「株式会社セガゲームス」の登録商標(※2020年3月現在)

ルービックキューブ(切り抜きパス付・PSD背景透過)

六面立体パズル

ハンガリー生まれのこのパズルは、1980年夏頃に「株式会社ツクダオリジナル」から日本発売。その販売に先立ち、1980年4月に商標出願、1983年11月に登録され、その後、「株式会社メガハウス」に移転されました(※2020年3月現在)

 

 

ボビナム・男性と女性16

てすと

テスト

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①フシン

「不審」……疑わしいなと思うこと
⇒『審』の一文字で、「詳しく調べて明らかにする」の意味なので。
正体がわからず怪しいのは、「不審者」ですものね。

「不信」……誠実でないので、信用しないこと
⇒信じないから、「内閣不信任案」を出すんですもんね。

 

②タンタン

「淡々」……あっさり

「坦々」……何事もない 平ら 平凡

※ちなみに、「担々麺」は、道具をぶら下げた天秤棒を “担” いで売り歩いた麺なので、『担』を使います。

 

③タイケイ

「大系」……同じテーマや傾向の著書や文献をまとめて編集した書物のあつまり

「体系」……それぞれ個々の要素が、一定の規則や原理に基づいてまとめられている理論や組織

 

現状、新聞などでは「体型」と「体形」は、ほぼ区別はなく、「体形」に統一しているそう。
あえて区別するなら……

「体型」……体の形のタイプ(類型として比較するときに使う)
⇒「やせ型」とか「肥満型」とか。

「体形」……生物のカラダのカタチ

 

 

④レンケイ

「連携」……同じ目的を持つ同士がつながって、協力し合いながら物事を行うこと。

「連係」……いくつかの物事がつながって、お互いに密接な関係をもつこと。(協力するニュアンスは、特にありません)
 ⇒ 「提携」などで使うように、『携』は「手を携えること」。
   「関係」などで使うように、『係』は「つながること」と覚えるといいかも。

 

⑤ヘンザイ

「偏在」……かたよって、あるところにだけ多くあること。

「遍在」……どこにでもあること。
⇒読みも同じだし、漢字も似ていますが、意味はほぼ正反対なので、気を付けましょう。

 

岡崎社長

「体型」と「体形」は、ちょっと難しいかもしれませんね

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①イドウ

「異動」……地位や職務が変わること。
⇒ちなみに、勤務地が変わる時や、住民票が変わる時も「異動」を使います。

「移動」……物が物理的に動いて、位置が変わること。

 

②イシ

「遺志」……亡くなった人が生きていた頃に持っていたこころざし。

「意志」……その物事の実行を決意する積極的(前向き)な気持ち。

「意思」……自分の考えや思い。

 

③コウセイ

「校正」……印刷物の文章や文字などの、間違い・不具合を指摘すること。

「更正」……(税金や登記を)改めて直すこと

「更生」……生まれ変わること。転じて、よくない状態から立ち直ること。
⇒『会社更生法』は会社が生まれ変わるため、「更生」を使います。

「厚生」……生活や身体などを豊かにすること。
⇒またこの場合、『厚生労働省』は固有名詞なので、これしかない。

 

 

④サイゴ

「最後」……続いている物事の一番あと。

「最期」……命がなくなる時。死に際。
 

 

⑤ジテン

「自転」……(天体などが)内部にある軸を中心にして回ること。

「時点」……時の流れの、ある1点。

「辞典」……言葉の意味や文法、使用例などを説明した本。

「事典」……事柄の内容を説明した本。他と区別するために「ことてん」とも呼ぶ場合もある。

「字典」……の読み方や使い方を説明した本。他と区別するために「もじてん」とも呼ぶ場合もある。

 

岡崎社長

ちゃんと使い分けられたかい?

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①サイケツ

「採決」…… 会議の参加者が賛否の意思表示をして、物事を決定すること。「決をとる」

「裁決」…… 上の者物事の良し悪しを判断すること。(みんなでなくてOK)

 

②キョウセイ

「叫声」…… さけび声。

「嬌声」…… 女性のなまめかしい声のことで、男性の関心をひくための “つくった声” であるのが特徴。

 

③シアン

「思案」…… あれこれ考えをめぐらすこと。

「私案」…… 個人的な考え。

「試案」…… 試しに作った、仮の考え・計画。

 

④スイショウ

「水晶」…… 鉱物の一種。

「推奨」…… 人や物などが優れていると、人に勧めること。
 

 

⑤ドウシ

「同旨」…… 趣旨が同じであること。

「同志」…… 理想や目的を同じくする(思想を共有する)仲間。
  ⇒また、この場合は固有名詞なので『同志社大学』しかない。

「同士」…… 同じ仲間・種類。
  ⇒「いとこ同士」「男同士」などで使われるように、思想・志は関係ない。

 

岡崎社長

ちょっと難しかったですかね?

 

今回の同音異義語は、以下のような意味の違いがあります。
使う場面によって、正しく使用しましょう。
(※正確な語意や細かな差異については、辞書を調べてください)

 

①イガイ

「以外」…… 「~を除いて」

「意外」…… 「想像を超えて(想像の範囲を外れて)

 

②ウンコウ

⇒どちらも意味は「決まった軌道上を進んでいくこと」。

「運航」…… こちらは舟を表す『航』が付くのでわかるかもしれませんが、舟・船や飛行機の場合のみ使います。

「運行」…… こちらは陸の交通手段、または惑星などに使います。

 

③カイトウ

「解答」…… 「問題を解いて、“正解”を出すこと」

「回答」…… 「返事をすること」。なので、返事が様々な「アンケート」には、『回答』を使います。

 

④カギョウ

「稼業」…… “稼”ぐ仕事=「収入源とする職業」

「家業」…… ”家”の仕事=「その家で代々受け継がれて来た職業」

 

⑤キセイ

「既成」…… すでに存在するもの。

「既製」…… すでに “商品・製品として” 存在するもの。

「規制」…… 規律を守るために、“制限する” こと。

「規正」…… 悪い点を “正しくなおす” こと。
  ⇒また、この場合は固有名詞なので『政治資金規正法』しかない。

 

岡崎社長

結構わかっちゃいました?